hiv薬害事件の真相とは・・・ |

yorosiku

"【クラミジア】二人パタパタ("

2012.10.29 Mon

10:51:30

"「初めは頭にきたけど、先生に『いちばん大事な人を連れてきなさい』って言われたからって。彼も私に伝えるのはつらかったと思うんです。よく話してくれたなあって、今はちょっと感謝してます」

ウイルス性肝炎の所見と診断
四五歳主婦。生来健康であったが、半年くらい前より全身倦怠感があり、疲れやすく、食欲不振・呵心・嘔吐が出現、周囲の人や夫から、顔が黄色であるといわれて近くの医院で受診した。
夫は、約二年前から慢性肝炎と診断され、病院で定期的な経過観察を受けている。

ずっと健康であった人が、全身に倦怠感が生じ、疲労しやすくなり、食欲不振におちいり、顔色が
黄色くなるということからして、まず考えなければならないのは肝炎であろう。夫が約二年前より慢
性疾患で、定期的に経過観察を受けているということなら、なんらかの感染経過を経て、夫から妻の方へうつったと考えるのが妥当である。
患者を診察したところ、皮膚、眼球結膜が黄色で、つまり黄疸があった。それを裏付けるように血液検査では、肝機能を示す物質(酵素) である「GOT」、「GPT」、「アルカリフォスプアターゼ」、「LDH」、「γ−GTP」の上昇が認められた。" クラミジアニューモニエのことがよくわかる!

オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら